毎年のことですが、お中元、お歳暮の時期になると会社関係の上司の方へ贈り物のギフト選びに労力が必要なります。

贈り物としてもらった、嬉しくないギフト。

贈り物としてもらった、嬉しくないギフト。

今年の上司へ贈り物のギフト選びは成功

今年は7月のお中元選びに成功しました。私の上司は課長、次長、部長と3名おります。当然、役職のランクに合わせて予算は決めており、部長は5,000円、次長は4,000円、課長は3,000円になります。
しかし予算は決まっても、どのようなギフトを贈り物にするで毎回すごく悩む訳です。以前、部長がいつもビールを愛飲してるからと、手っ取り早くギフトはビールにしたところ、部下からの贈り物は全て(10数個)がビールであったのと苦笑いをしてたという情報もあったので、ギフト選びには慎重になります。
しかし、部長、次長、課長にギフトの要望を聞く訳にはいかないので、あれこれ思案してます。そこで今年は5月前半の時点で上司と居酒屋で飲む機会があった時に、さりげなく食べ物の嗜好について聞きました。そうすると、何々の佃煮は美味い、最近、スーパーでマンゴーを購入する、夏はそうめんに限る、干物が好きであるとか、結構色々と話してくれました。
同じように課長、次長にも聞いたところ、甘いお菓子が好き、せんべいが大好物等、それなりに返答はありました。そこで、今年の夏は情報集数したリストを手にして、妻と大手デパートへ出向き、部長にはマンゴー、次長にはすき焼き用の肉、課長にはコーヒーセットをギフトとして贈り物にすることで決定しました。所要時間も例年はギフト選びだけで1時間以上は悩みましたが、今年は僅か15分程度で済みましたので本当に精神的に楽でした。

Copyright 2017 贈り物としてもらった、嬉しくないギフト。 All Rights Reserved.